外国為替用語と基礎知識TARGET1000は、外国為替に興味がある、やってみたい、勉強したい方たちに向けた用語集です。
    知っておくと便利な基礎知識と用語を13個のカテゴリーに分け、1000用語収録しています。
    外国為替取引の際には「外国為替用語と基礎知識 TARGET 1000」をぜひお役立てください。

« リパッケージ | メイン | CBO »

CLO

銀行などの金融機関の持つ企業向けの貸出債権を証券化したものを指す。ABSとして債券を発行する形と、信託受益権の形の2つに分けられる。この方法で個々の融資債権のリスクは高くても、多数をまとめることで、証券のリスクを減らすことが可能になる。銀行サイドは、信用度の低い中小企業への融資債権を売却する(オフバランス化)ことで資産を圧縮し、自己資本比率を高めることができ、中小企業も通常の融資よりも金利が低く借りることができるとされている。英語ではCollateralized Loan Obligation(略してCLO)という。

« リパッケージ | メイン | CBO »



このカテゴリーでは、以下のことも知ることができます。
最近の証券化・プライベートバンク

アート・バンキング
特別目的商品
オフショア・サービス
アドバイザリー・サービス
商業用不動産
住宅ローン
特定債権法
クレジットカード債権
割賦債権
自動車ローン債権
売掛金債権
リース料債券
将来債権の証券化
CDO
CBO
CLO
リパッケージ
原資産のクラス
海外SPCの東京支店
移転価格税制
流動性リスク
ベーシス・リスク
GIC
ファーストペイ/スローペイ
ペイスルー証券
パススルー証券
期限前償還リスク
ウィーク・リンク
シャドー・レーティング
シーズニング
スペシャル・サービサー
バックアップ・サービサー
コミングリング・リスク
サービサー
現金担保
スプレッド・アカウント
保証
超過担保
メザニン債
劣後債
優先債
優先劣後構造
信用補完
投資信託
アソシエイト・ブランド
インディペンデント・ブランド
サブブランド
アンブレラ・ブランド
日本の国内債
資産担保付貸付
US144A市場
ユーロボンド(ユーロ債)
公募債と私募債
アセットバックCP
資金調達手段
コンティンジェント・パーフェクション
ローン・パーティシペーション
資産のオフバランス化
ブランド・アイデンティフィケーション
ウエルス・ダイナミックス
ウエルス・コンシーラー
ウエルス・ビルダー
ウエルス・ディベロッパー
ウエルス・プリザーバー
セグメンテーション
倒産隔離
真正売買
信託受益権
匿名組合
信託
ケイマンSPC
特別目的会社
特別目的媒体
証券化

>>> 外国為替用語とFX基礎知識TARGET 1000 のTOPへ
その道のプロが、あなた

をガイド。All About Yahoo! JAPAN
外国為替用語と基礎知識TARGET1000 はyahoo 、All About 登録サイトです。
 
Copyright (c) 2005 外国為替用語とFX基礎知識TARGET1000 All rights reserved.